JKになった幼馴染に久しぶりに会ったらTバック履いてやがった。その時、俺の中で何かが壊れた…

JKになった幼馴染に久しぶりに会ったらTバック履いてやがった。その時、俺の中で何かが壊れた… 幼馴染だけに、例えJKになってもTバックなどは履いてほしくはなかったのだろう。この男子は、幼馴染の変貌にある種のショックを受けた。同時に、幼馴染への幻想が壊れたのか、性欲が一気に湧きあがってきた。その末路がこれである…。 - AVアップストリーム

【唖然】1000人と中出ししてきた伝説のヤリマンをごらんください

【唖然】1000人と中出ししてきた伝説のヤリマンをごらんください 幼馴染や友達、バイト先の店長など、身の回りの人間ととにかくヤリまくってしまう女性は結構いるものだ。ただ、一条リオンのヤリマン度はスケールが違う。既に経験人数が1000人を超えている。これはもう、人類全員とヤッて欲しい…。 - AVアップストリーム

20歳で急成長しておっぱいがはち切れそうになった爆乳女子大生!

20歳で急成長しておっぱいがはち切れそうになった爆乳女子大生! おそらく幼馴染やクラスメイトはノーマークだったはず。彼女は20歳まで普通の乳をしていたのだから当然だ。それが20歳を迎えてから急激に発育が促進され、この爆乳に。彼女の残りのキャンパスライフは、さぞかし楽しくなるだろう…。 - AVアップストリーム

「なにしてんの?」いつもベランダから入ってくる関西弁の幼なじみと初体験

「なにしてんの?」いつもベランダから入ってくる関西弁の幼なじみと初体験 青春漫画にありそうな設定である。モテない男子に、クラスのマドンナ的な幼馴染。何の警戒心もなく、ベランダから男子の部屋に上がり込んでくる。そんな可愛い幼馴染との遊び半分のエッチごっこが加速して、まさかの本番にまで発展する。 - AVアップストリーム

毎朝、自主練に付き合わされてたバレー部の幼馴染と誰もいない体育館で…

毎朝、自主練に付き合わされてたバレー部の幼馴染と誰もいない体育館で… 眠い中、毎朝練習に付き合わされていたのだ。たまにはこれくらいのご褒美があってもいいだろう。誰もいない体育館で、柚月あいとSEXできるとは、なんて贅沢な朝の時間なのだろう。心身ともにスッキリした状態で1日をスタートできる。 - AVアップストリーム

【7/23発売】「変じゃないかな…?」幼馴染の勝負下着を見せつけられた結果…

【7/23発売】「変じゃないかな…?」幼馴染の勝負下着を見せつけられた結果… 幼馴染の女子に彼氏が出来た時、初めて彼女を性的に見ていたことに気付く。勝負下着などを見せつけられ、嫉妬心も湧きあがる。気付けば彼女を押し倒し、幼馴染としての一線を越えてしまった。これは事故であり誰を責めることもできない。 - AVアップストリーム

幼馴染の美少女は親友を超えた過激でエッチな関係に…

幼馴染の美少女は親友を超えた過激でエッチな関係に… 茉莉花みくと美咲かんなが幼馴染だったら、自然と親友という枠を超えて、カラダを求め合う関係になってしまうのも不思議ではない。こんな美少女同士だったら、そのうちお互いに欲情するのだろう。その絡みを見るだけでも抜けてしまう…。 - AVアップストリーム

【5/07発売】幼馴染だけが知っている『鈴原エミリ』のエッチな性癖

【5/07発売】幼馴染だけが知っている『鈴原エミリ』のエッチな性癖 本作では、鈴原エミリの性癖が暴露されている。どうやら彼女は、お尻を触られるとものすごくHな気分になるそうなのだ。これは彼女とSEXしたことのある幼馴染だからこそ知り得る貴重な情報だ。上手く活用すれば、彼女とSEXできる。 - AVアップストリーム

姉・幼馴染「さあ、どっちのおっぱいがいいの!?」

姉・幼馴染「さあ、どっちのおっぱいがいいの!?」 究極の選択である。実の姉か幼馴染か。どちらもオンナとして魅力的であり、今なら簡単にヤルことができる。おっぱいのエロさも甲乙つけがたい。こんな時は、マンコで決めるべきだろう。具体的には入れた感触。まずは二人とも試してみる。 - AVアップストリーム

【3/19発売】「擦り付けるだけだよ…」相談相手の友達が素股してくれてそのまま…

【3/19発売】「擦り付けるだけだよ…」相談相手の友達が素股してくれてそのまま… 悩みごとを相談するなら、女性の先輩がお勧めである。なぜなら、彼女たちはとても大人であり、きちんとしたアドバイスをくれる。もしも手に余るような悩み事であればカラダでもって、とりあえずの癒しをくれるだろう。人生のオアシスだ。 - AVアップストリーム

【3/21発売】性に対して寛容な幼なじみとのイチャイチャH

【3/21発売】性に対して寛容な幼なじみとのイチャイチャH こういう幼馴染がいたら、性処理に困ることがないだろう。性に寛容であるというのは、何と素晴らしいことか!彼女たちも、別にSEXの相手に困っているわけではない。とにかく、したくなったらする。生理現象なのだから、それでいいのだ。 -AVアップストリーム

「ねえ、どっちとヤルの?」姉ちゃんと幼馴染から迫られてもう理性がもたねえ・・・

「ねえ、どっちとヤルの?」姉ちゃんと幼馴染から迫られてもう理性がもたねえ・・・ オンナとは、嫉妬深い生き物だ。姉と仲良くしている幼馴染を見て、嫉妬心を燃やす。姉弟でも、異性と仲良くしている所を見たくないのだ。一方、姉も弟が彼女に好かれていることを察知して、邪魔に入る。二人に誘惑された男の末路は…!?

「特別だからね」モテない俺に気を使って先輩が筆おろししてくれたよ

「特別だからね」モテない俺に気を使って先輩が筆おろししてくれたよ 男子にとって、童貞を卒業することが、まず何よりの目標である。けれども、彼のようにモテないやつは、一向に前へ進めない。そんな時、周りに彼女のような優しい女子先輩がいたらお願いしよう。筆下ろしを。擦るだけと騙して中出しする。

幼馴染「彼氏を満足させられない。フェラチオの練習に付き合って」

幼馴染「彼氏を満足させられない。フェラチオの練習に付き合って」 女の子は健気な生き物だ。彼氏を満足させるためなら、フェラチオの勉強も熱心にする。練習台が必要なので、幼馴染にそれを頼む。そんなことを頼まれて複雑な気持ちだが、一度しゃぶられてしまえば天国。結局そのままSEXしてしまった。

幼馴染「彼氏を満足させられない。フェラチオの練習に付き合って」

幼馴染「彼氏を満足させられない。フェラチオの練習に付き合って」 幼馴染の「フェラチオ練習させて」の言葉に度肝を抜かれる男。近すぎて女と意識していなかったが、いざ実際に舐められるとチンポはギンギンに……。フェラだけで我慢なんてできなくなった幼馴染2人は一線を乗り越えてしまうのであった。