「そこ、ダメ…」声の出せない図書館で糸引くまでマンコを犯される美少女JK!

 今回の作品は割りとよくある図書館での痴漢モノの作品だ。やはり痴漢モノの作品が図書館で多いのは、声を出せないという状況に興奮するからだろう。やはり痴漢犯の気持ちも少々分かってしまうのでなんか危ない。しかしこれはあくまでAVなので女の子の感じる姿で存分にオナニーをしていただきたいと思う。そしてこれからどんどん痴漢をしてそのままセックスに持ち込んでいくのだが、どの女の子もメッチャ可愛い。これは痴漢をしてくれといっているかのようなエロさを持った女性たちである。ましてやこんな可愛いくてエロイ格好をしているのだから痴漢をされても仕方がないとでさえ思ってしまうのである。特に一番お勧めなのは最初の方に出てくる女子校生さんだ。やはり制服姿の女の子の可愛さは異常でより興奮できる相手となっている。声を出さないように影でこっそりと女の子とエッチをするこの状況がたまらない。そして泣きそうな顔で感じている彼女の姿には萌えてしまう。嫌がりつつも結局はアソコもグチョグチョにされてチンポを挿入される彼女たちの姿は本当に卑猥である。そして本棚の前で普通に立ちバックで突くシーンがあるのだが、一度はこんなスリルを味わいたい!

 

※動画の詳細はこちら

図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘
セックス動画
静かな空気が張りつめた図書館。恥ずかしがり屋ならば、そこで大きな声を出すことは相当勇気がいる。そこで、おとなしそうな女の子をターゲットにし、強引に誘い人目のつきにくい場所へ。声を出せない状況での緊張や我慢が、興奮度を増してアソコはうずきまくり、糸を引くほど溢れる愛液。さらには快感に負けて、自ら求めてくる女の子まで…。