「私がAVメーカーと知らずに面接に行ったときの話」 ← 超壮絶だった件

 AVメーカーは日々、夢を与えるために試行錯誤しています。お陰様で助かってます。でも、その夢を与える対象は完全に男のみwww男だけが望む世界の大半は身勝手なものだったりします。そして女性にとっては最悪な世界。就職活動にいそしむ女子大生が間違ってAVメーカーの面接にやってきたものだからさぁ大変。そこは男が望む世界を体現するための会社。社員だからと言って例外ではありません。社員じゃないけど。むしろ採用してから好き勝手やればいいのにwww